英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

英検®1級対策専門校 テソーラスハウス

®1級二次試験 傾向と対策

英検®1級対策専門校 テソーラスハウス > 英検®︎1級二次試験 傾向と対策
文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

出題形式

受験者は外国人・日本人各一名からなる面接官と個別に面接します

Topics
最初に自己紹介など数分の自由会話があります
Topics
面接官は受験者に5つのトピックを提示します。
トピックは、国内外の時事問題、日常生活にまつわることなどです。
Speech
受験者は一つのトピックを選択し、1分間でそれについてのスピーチを考え、続いて2分間のスピーチを行います。
Q&A
スピーチについて、面接官とQ&Aが行われます。

英検®1級二次試験採点基準

section1 SHORT SPEECH

与えられたトピックについて主要な点とその根拠をまとめ、首尾一貫したメッセージを組み立てる能力を評価

section2 INTERACTION

質問に対する応答と会話を継続する能力を評価

section3 GRAMMAR AND VOCABULARY

幅広い範囲の語彙・文法を正確かつ適切に運用する能力を評価

section4 PRONUNCIATION

正確な子母音の発音・音変化、適切なアクセント・イントネーションを運用する能力を評価

英検®1級二次試験は英会話の試験ではありません。

傾向

近年は身近な問題よりも、時事問題、国際的な問題が多く出題されるようになり、日ごろからアンテナを高くして知識を広げ、自分の意見を整理しておく必要があります。

対策

発想 発想が平凡では高得点は望めません。受験者はオリジナルなアイデアを、 とっさにひねり出す必要があります。 対策 たくさんのアイデアをあらかじめストックしておく。
構成 イントロダクションから結論まで、スピーチはきちんと構成されていなくては なりません。ふだんスピーチをする習慣のない日本人はこれが苦手です。 対策 スピーチ、ライティングに共通するロジカルなストラクチャーを ネイティブからじっくり学ぶ。 対策 ネイティブから組み立て方を学び、スピーチの練習を豊富に行う。
他の受講生のスピーチに対するコメントもたくさん聞くことで ロジカルなスピーチ組み立て能力をつける。
知識 スピーチには具体的な例が含まれていることが重要です。またQ&Aでの 応答にも知識が要ります。 対策 頻出のトピックに関する重要な知識を集中的に習得する。
また、どのような角度から質問されるかを知っておく。
対策 知識豊富なネイティブから事例を学ぶ。レッスンで提供される資料を活用する。
発音 近年、発音・アクセントがより厳しくチェックされるようになりました。 対策 ネイティブ講師に発音、アクセントの間違いを徹底的に修正してもらう。
態度 スピーチで高い評価を得るためには、緊張しすぎず堂々とした態度をとること が重要ですが、人前で話す経験をたくさんつんでいないとなかなかそうはでき ないものです。 対策 スピーチの練習を人前で行い、ネイティブに自分の態度を批評してもらう
テソーラスハウス
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-3-1 BARBIZON64 5F
お電話でのお問い合わせはこちら TEL:03-6805-3122
E-mailでのお問い合わせはこちら

販売教材

新刊のご案内 ビジネス英作文 考える例題精選20題 BULATS(Writing Test)B2攻略


PAGETOP

英検®1級対策専門校 テソーラスハウス