英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

英検®1級対策専門校 テソーラスハウス

検1級 合格体験記

英検®1級対策専門校 テソーラスハウス > 合格体験記 > 「長年の夢が叶いました」
文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

「長年の夢が叶いました」

畑 啓子(専業主婦・48歳) 英検1級合格 2019年度 第三回

この度、二回目の挑戦で、長年の夢だった英検1級に合格することができました。

私は、中学1年生と小学校2年生の二人の子どもを持つ主婦で、英語を使ったキャリアもありません。そんな私が合格できたのは、ひとえにテソーラスハウスの先生方のご指導のおかげと、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

受験の動機

 

私にとって英検1級への挑戦は、実は初めてではありませんでした。学生時代に、二度受験し、二回とも一次でCもしくはB判定で不合格になっていたのです。父の転勤で高校3年間をアメリカの現地校で過ごし、帰国子女枠で日本の大学に進学したものの、講義は全て英語という特殊な学部だったためついていくのがやっとで、英語そのものを勉強するどころではありませんでした。就職してからは、たまに仕事で英語を使う機会がありましたが、英語の勉強に費やす時間も気力も無かったのが実情です。上の子の出産を機に子育てに専念することに。しかし、育児は想像以上に大変で、英検1級は夢のまた夢と化していました。

もう一度、英検1級へ挑戦してみようと思ったのは、おととしの秋、47歳の誕生日を迎えた頃です。ふと、人生すでに折り返し地点を過ぎているはず、これまでの人生でやり残していることは無いかと振り返った時、英検1級が脳裏をよぎりました。そして、「勉強しなさい」と子どもに言うばかりでなく、私も一緒に勉強しなおしてみようかなと思うようになりました。去年のお正月には、親子で英検合格を目指す、という年頭の抱負をたて、3人で勉強をスタートさせました。

 

 

テソーラスハウスとの出会い

 

6月の一次試験では、合格ラインに26点足りず不合格。得意と思っていたリスニングが一番悪い正答率でした。そのため、語彙を増やすことと、ディクテーションに力を入れた結果、10月の2回目の試験で一次はなんとか合格できました。

しかし、一次突破でいっぱいいっぱいだったため、二次試験の準備は全くできていませんでした。市販の参考書で2週間、付け焼刃的に勉強しましたが、その程度の準備では、二次面接は私にはとうてい歯が立たないものでした。1分以内で5つのトピックから1つを選ぶことができず、とっさに質問文が一番短かった「Can torture be justified?」を選びました。しかし、とにかく詰まってばかりいて、しかも「体罰」と意味を取り違えてしまっていたことに、終わってから気づくというありさまで、結果は成績表を見るまでもありませんでした。

もともと二次対策は自力では限界があると感じていたので、すぐにネイティブ講師のレッスンが受けられる学校を探し始めました。英検1級二次試験対策の学校は都内でいくつか見つかりましたが、平日の昼間にレッスンがあり、ネイティブの先生の授業が受けられるのはテソーラスハウスだけだったので、思い切って電話をかけ、体験レッスンを申し込んでみました。

そして当日。初めてお会いしたジョン先生は、まさにこれがアメリカ人!といった明朗快活な方で、すぐに場を和ませてくれました。

そして、先の面接で実際に選んだトピックについて、ここでもう一度スピーチをするよう言われました。

先生は、拷問についてのトピックは死刑制度とも関係していること、そして世界的には死刑制度は廃止の方向であることを分かりやすく説明して下さり、私は、なんとなく分かっていたつもりでも実はちゃんと考えてこなかったな、もっと勉強しないといけないことがたくさんあるな、と強く思いました。一時間の体験レッスンはあっという間に終わり、ジョン先生の豊富な知識、適格な助言、そしてこれまで多数の合格者を出してこられた小林校長先生の、説得力のあるお言葉にとても感銘を受け、迷わず入会を決めました。

 

 

再挑戦までの3か月

 

テソーラスハウスでのレッスンは、他の方の体験記にもあるように、あらかじめ用意されたトピックの中からスピーチ2つを準備し、うち1つを発表します。その後、別のトピックシートを配られ、そこからできるだけ早くトピックを選び、本番により近い状況でスピーチを発表します。

 

私の場合、最初の頃は、準備していったスピーチでさえ言葉に詰まり、何だったっけ??…と思っている間に2分が過ぎる、という、目も当てられない状態でした。

ジョン先生は、「あなたはパニックを起こしている、特定の表現を探すのに時間をかけてはいけない、とにかく自分の持っているものを出しなさい、パーフェクトでなくてもいいんだ」と、私の問題点を指摘してくださいました。そして、「あなたに一番必要なのは、自信を持つことだ」ともおっしゃいました。ジョン先生の、「パーフェクトでなくてもいい」、「自信を持つこと」という言葉に、私はものすごく励まされました。

小林先生からも、「もっと大きな声で話したほうがいい、声の大きさは好印象につながる」と助言していただきました。

自分のスピーチを客観的に分析するため、レッスンでは先生に許可をもらって、自分のスピーチと、先生のフィードバックのところは録音させていただき、帰宅してから聞き直して復習しました。後からあらためて聞くと、顔から火がでそうなくらい支離滅裂なスピーチでも、ジョン先生は私の考えをけなすことなく、逆に尊重してくださった上に、理路整然と考えを整理して、適格に言い直して下さっていました。また、このアイデアは賛成にも反対にも使える、とか、この意見に対する反対意見も知っておくとQ&Aで役に立つ、といった知識を丁寧に教えてくださいました。

 

レッスンの中で印象に残ったトピックはいくつもあるのですが、中でも「マリファナは合法化されるべきか?」は本当にいろんなことに気づかされました。私は、ドラッグというものは何でもかんでも悪いもの、と思っていましたが、マリファナはタバコやアルコールよりも依存性が低く有害性も低いということ、合法化すれば国の税収にもなるのでカナダやアメリカでもカリフォルニア州などがすでに合法化している、ということを初めて知りました。そして、合法化への動きは少子化や高齢化ともつながっているということにも気づかされました。これはほんの一例ですが、こうした貴重な知識を毎回のレッスンでほんとうにたくさん得ることができました。

同じクラスの受講生の方のスピーチも、とてもためになりました。

 

私が通った金曜日の13時からのクラスには、アメリカの高校を卒業したばかりという帰国子女の学生さんや、私よりも年上の学習塾のベテラン講師の方、私と年代が近い主婦の方と私を入れて4人の受講生がいました。みなさん本当に熱心で、私とは違った視点から組み立てられたスピーチも多く、そうしたスピーチへのジョン先生のフィードバックもとても参考になりました。2時間のレッスンの後には、小林先生が、一人ひとりに論理的な視点から貴重なアドバイスを下さいました。

小林先生は、おそらく私の母親世代くらいの方ではないかと思いますが、本当に頭脳明晰で、かといって飾らないお人柄で、言葉に包み込むような優しさがあり、いつもかっこいいなあ、私もあんな風に年をとりたいなあと思っていました。小林先生のフィードバックは時には一時間を超えることもあり、ジョン先生の厳しい(けれども楽しくもあった)レッスンの後の、本当に楽しい時間でした。

 

レッスンも5回目を過ぎたころから、宿題のスピーチは最初の頃より少しはましに言えるようになってきました。しかし、やはり準備した原稿を暗記して発表する、という手法にある程度頼っている状況でした。

原稿を暗記する方法はあまりおすすめできない、と言われていましたが、言いたいことを箇条書きにしただけでは文章にするのが難しかったので、どうしても一度原稿という形にして覚えるというプロセスを繰り返していました。一方で、即興のスピーチは相変わらず残念な出来で、本当にこんなので私は大丈夫なのだろうかと、毎回落ち込みながら教室を後にしていました。そんな私に小林先生は、いつも、「大丈夫、7回目くらいからあれ?と思うようになりますよ、自然に出てくるようになります」と励ましてくださいました。

帰り道が同じだった受講生さんとも駅までお互いに励ましあいながら、次のレッスンではもっとできるように頑張ろう、と自分を奮い立たせていました。

その後のレッスンでも、自分としてはもう少し、と思うようなスピーチが続き、イントロダクション、2つのリーゾニング、コンクルージョンを2分でまとめることは、ついに最後までできませんでした。

 

10回のレッスンが終わる頃には、二次面接で出題されるすべての分野をほぼ網羅することができていました。本番までまだ2週間あったので、直前コースを2回追加で受講しました。直前コースで特によかったことは、1分でトピックを選びスピーチを組み立てるという本番さながらの訓練を何度もできることです。実際に発表するのは2回ですが、トピックカードを5回くらい新しものにとりかえ、そのたびに別のトピックで構成を考えるので、実践に向けた特訓がかなりできました。実際に発表したトピックにはジョン先生が評価のポイントをきめ細かく紙に書いて渡してくださり、スピーチの内容だけでなく、天井をできるだけ見ないこと、アイコンタクトを意識すること、反対意見を言われても同調したりせず首尾一貫した姿勢を貫くことなどについても指導して下さいました。

自宅では、総仕上げとしてこれまでのレッスンのスピーチを全部見返して構成しなおし、口に出して練習することに重点を置きました。録音していた英語のラジオ番組を聞きながら毎日一定時間シャドーイングもしました。こうして3か月間みっちり準備したおかげで、試験の当日は、今の自分ができることはすべてやった、というすがすがしい気持ちで迎えることができました。

 

 

二回目の二次試験

 

二回目の二次試験は、自分でも不思議なくらい終始落ち着いて臨むことができたと思います。入室すると、日本人女性とアメリカ人男性の面接官がおられました。個人的なことを少し話した後、いよいよ本番です。

トピックカードを表に返すと、質問の仕方が複雑なトピックが続きましたが、最後に「Should free trade be seen as a threat or an opportunity for Japanese companies?」という質問があり、意味がさっと入ってきたので即座にその質問を選びました。経済は私の不得意な分野ですが、レッスンで得た知識がここで役に立ちました。

私は「an opportunity」の立ち場に決め、理由もすぐに2つ思い浮かべることができました。はっきりと何を言ったか覚えていないのですが、労働力不足の解消と市場の拡大といったようなことを話したのではないかと思います。とにかく夢中で、Thank you for listening. と言い終えたところでちょうど2分になりました。

 

レッスンでは最後までできなかった、2分のスピーチを組み立て言い切ることが、本番で初めてできたのでした。

 

質疑応答では、「物を買う際にあなたが一番重視する条件は何か?」と聞かれ、「値段が高くても品質を重視する。品質の良いものはアフターサービスも充実している。品質で日本の企業は勝ち残れると思う」と答えました。続いて「そう答えるに至る経験があるのか?」とも聞かれたので、「インターネットで見つけたお手頃価格のものが、日本製だと思って購入したものの実際には中国から発送された中国製のもので、使い始めて1週間で壊れた上、問い合わせ先も何も書かれていなかったので泣き寝入りするしかなかった」という実体験を話しました。また、「あなたが自由貿易を脅威と感じるのはどんな時か?」との質問もあり、「家電製品。10年前は、例えばテレビは日本企業のものばかりが家電量販店に並んでいたが、今では聞いたことも無いようなメーカーの製品が売り場の大半を占めるようになっている」と答えました。

そして最後の質問は、「自由貿易を脅威と感じている人たちに、あなたはどのように説得するのか?」と聞かれたので、「どんどん力をつけてきている東南アジアの国々と強いパートナーシップを築くことで脅威は克服できると思う」といったようなことを答えたように思います。ここで時間が来て、面接は終わりました。

 

 

1級挑戦を振り返って

 

10日後、ウエブサイトで合否結果をおそるおそる確認すると、無事、「合格」の二文字が目に飛び込んできました。

採点の詳細は、8,8,8,9。不合格だった一回目の結果は4,4,4,5でしたので、ずいぶん得点が伸びたことになります。

テソーラスハウスに通っていなければ、ここまで来ることは不可能だったでしょう。本当に感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。

 

後から考えてみると、実際の面接よりも、テソーラスハウスでのレッスンの方が、厳しかったのではないかと思います。そのおかげで、本番で冷静に対処することができたんだと思います。厳しかったとはいえ、時々飛び出すジョン先生のジョークは本当に面白くて、よくみんなで爆笑していました。こんなにも博学でウィットに富み、人格的にも尊敬できる講師の先生は、他にいないのではないかと思います。

最初の挑戦から実に30年もかかりましたが、この時代に1級に再挑戦したことは私にとってとても意味がありました。今まさに大問題になっている新型コロナウイルスの世界的大流行といった、これまでの常識が通用しない事象が次々と起こる中、確かな情報を集め、自分なりの考えを持ち、はっきりと発言できる力をつけることは、本当に大切なことなんだとあらためて思いました。

 

 

最後に

 

厳しくも楽しい、中身の濃い充実のレッスンを提供してくださったジョン先生、2回ほどレッスンを担当してくださったラファエラ先生、そして思うようにできない私を励まし続けてくださった小林校長先生に、心から感謝申し上げます。このような素晴らしい学校に出会えたこと、そしてテソーラスハウスで学んだことはかけがえのない財産です。この経験を糧に、これからもこつこつ勉強を続けていこうと思っています。本当にありがとうございました。

 

余談ですが、この間、無謀ともいえる私の挑戦に、惜しみなく協力してくれた夫に感謝しなければなりません。勉強に没頭するあまり、しょっちゅう朝寝坊していた私にかわって、主人がよく朝ご飯を作ってくれていました(私が主婦なのに、です)。また、週末には、まとまった勉強時間がいるだろうと、家事をほとんど買って出てくれました。

また、子どもたちも頑張りました。私が1級の1次に合格した去年10月の試験で、小学2年の長男は5級に合格。3級に苦戦していた中学1年の長女も、今回の試験で、私と一緒に無事二次試験に合格することができました。トータルで1年2か月かかりましたが、3人ともそれぞれの目標の級をクリアすることができました。私と一緒に頑張ってくれた子どもたちにもありがとうと言いたいです。そして、いつか私の子どもたちも、テソーラスハウスに通える日が来るといいなと思っています。

テソーラスハウス
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-3-1 BARBIZON64 5F
お電話でのお問い合わせはこちら TEL:03-6805-3122
E-mailでのお問い合わせはこちら

販売教材

新刊のご案内 ビジネス英作文 考える例題精選20題 BULATS(Writing Test)B2攻略


PAGETOP

英検®1級対策専門校 テソーラスハウス