英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

英検®1級対策専門校 テソーラスハウス

検1級 合格体験記

英検®1級対策専門校 テソーラスハウス > 合格体験記 > 「高得点を取るための”技術”」
文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

「高得点を取るための”技術”」

都立高校二年K.N. 英検1級二次試験 2019年

 

テソーラスハウス

二次試験は2回目の挑戦で合格できました。

1回目は学校の期末試験直前で練習時間があまりとれず、高得点を取るための技術をほとんど知らなかったので、結果は不合格でした。

テソーラスハウスに行ったのはその後、間もなくのことでした。授業ではJohn先生が私の弱点をいち早く見抜き、合格へつながるアドバイスをしてくださいました。論の組み立て方、文法上の間違えやすい点、主張の矛盾点など細かい指摘もしていただきました。

校長先生からはスピーチに関するアドバイスに加え、注目すべき時事問題を教えていただき、トピックを見ただけで現在の世の中の動きに結び付けて意見を述べられるように繰り返し練習しました。また、私はグループレッスンだったので他の受講生の考え方にも触れることもできました。

私の授業ノートが分厚くなっていくのと同時に緊張がほぐれ、英検一級の面接を突破する力がついてくるのを感じました。

 

 

英検二次面接 試験日

本番の日はあまり緊張することなく無事に迎えることができました。

トピックは「社会はクローン技術を人に対して用いることを認めるだろうか」というものでした。私はトピックカードを見た瞬間、迷わずこれを選びました。私は「クローン技術を使い人間の複製を作ることは、現在の進んでいる顔認証システムの研究を阻害してしまう」、また「クローン技術による複製では人間の多様性が狭められ、つまらない世の中になる」といったそれぞれ全く異なる分野から否定の立場を取りました。

 

私の英検一級への努力を支え、様々なことを教えて下さったJohn先生、校長先生、ありがとうございました。

 

 

テソーラスハウス
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-3-1 BARBIZON64 5F
お電話でのお問い合わせはこちら TEL:03-6805-3122
E-mailでのお問い合わせはこちら

販売教材

新刊のご案内 ビジネス英作文 考える例題精選20題 BULATS(Writing Test)B2攻略


PAGETOP

英検®1級対策専門校 テソーラスハウス