英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

英検®1級対策専門校 テソーラスハウス

検1級 合格体験記

英検®1級対策専門校 テソーラスハウス > 合格体験記 > 合格体験記:本当に有難うございました 中島凜音 高校2年
文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

合格体験記:本当に有難うございました 中島凜音 高校2年

N.R. 英検1級二次試験 2018年

中島凜音 高校2年生
英検1次を合格する事ができた私は「2次試験なんて話すだけなんんだから何もやらなくても合格できるだろう」と甘く見ていました。そしたら罰が当たってしまったのでしょう、見事に落ちてしまいました。実際に本番を受けると準備してなくては答えられない問題ばかりで2次試験を甘く見ていた自分が恥ずかしくなり、落ちたのが悔しくてどうしても受かりたいという気持ちが芽生えました。でもどうすればいいのか分かりませんでした。

 

そこで出会ったのがテソーラスハウスでした。

 

 

楽しみながら多くの事を学んだ2ヶ月間

クラスはグループ形式で行われ、毎週違う分野のquestionについて準備してきて2分間みんなの聞いている中で発表する方法です。

スピーチが終わったら先生2人(外国人の先生と小林先生)が質問をしてくれるのでそれについて答えるというのが流れです。自分のスピーチが全て終わると外国人の先生が改善点を分かりやすく説明してくれました。最初は直さなくてはいけない事が多かったのですか、次第に先生がものすごい褒めてくれる事が増えたのでモチベーションが上がってスピーチを考えるのが楽しくなっていました

 

また問題に出される分野が政治、宇宙、経済など硬いものが多く最初は全く興味がなかったのですが、スピーチを考えるためにニュースを見たりするうちにそれらのことに興味を持ち始める事ができ、多くの事を学ぶ事ができました。これらのことを繰り返すとなんだか自信がついてきました。

 

 

本番

緊張は多少してましたが「あれだけテソーラスの先生方にアドバイスをもらいながらたくさんの情報を頭に入れたんだから絶対に受かってみせる」という気持ちで本番に挑みました。すると授業で触れた問題が似た形で出題されていたのでまっすぐにそれを選びました。面接官の質問も彼らの目を見て自信を持って答えました。

 

そして緊張の合格発表日、インターネットでチェックしました。するとどうでしょう。無事合格していました!!!

本当に嬉しかったです。

後日小林先生に合格のお電話したら「本当におめでとう!あなたならできると思ってたわ」と自分を信じていてくれたんだなと感じられる温かいコメントをいただいて、短い間だったけど、通っていてよかったなと心から感じる事ができました。

 

本当に本当に有難うございました!!!

テソーラスハウス
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-3-1 BARBIZON64 5F
お電話でのお問い合わせはこちら TEL:03-6805-3122
E-mailでのお問い合わせはこちら

販売教材

新刊のご案内 ビジネス英作文 考える例題精選20題 BULATS(Writing Test)B2攻略


PAGETOP

英検®1級対策専門校 テソーラスハウス