英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。このコンテンツは、公益財団法人日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

英検®1級対策専門校 テソーラスハウス

長日誌 英語資格専門校テソーラスハウスの校長の日誌です。

英検®1級対策専門校 テソーラスハウス > 校長日誌 2018年3月15日「Diversityは良いか、悪いか」
文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

校長日誌 2018年3月15日「Diversityは良いか、悪いか」

校長日誌」は長いことご無沙汰してしまいました。

自分の発信する内容が読む人にとってどれだけ役に立つだろうかと考えすぎると書くのを躊躇してしまいます。

しかし今は「発言の自由」放題の時代ですからどんなことでも考えや思いを好き勝手に表現できるわけです。

様々な人の意見を読み感動したり、刺激を受けたり、あきれるほど下らないと思ったりすること自体に意味があるのだと思います。

自分だけの心の中に閉じこもっていては考えや発想に進展はありません。

自分が書いたひとかけらの言葉がもしかしたら誰かの琴線に触れたり、あるいは落ち込んでいる人を鼓舞したりできるかもしれないし、読み飛ばされて無視されるかもしれなくても自分の思いを発信することは無駄ではないと気が付きました。これからはできるだけ多く書きたいと思っています。

 

今回英検二次面接を今回初めて受けた生徒さんから連絡をいただきました。

「Diversityは良いか、悪いか」という意味のトピックを選んだあと何を言ってよいか分からないまま意味不明のことを言って2分間終わってしまったとのこと。

あなただったら即座に何を考えますか。

 

今世界中で問題になっている「移民」を意識して作られたトピックと思われます。

 

主旨 多様性は良いと思う。

世界は移民によってダイナミックな変化を遂げている。

理由 ①労働力の流入により経済が活性化する。

例えば、典型的な例としてアメリカは他民族の集合のおかげで経済大国世界1番になりえた。

②多文化の交流によりより多様で豊かな文化が醸成される。

例として、日本古来の伝統文化、芸術が西欧文化とコラボすることでさらに洗練された高品質の作品が生まれる。食文化、ファッション、アニメーションなど多文化を取り込んだ優れた作品がある。

 

以上のように理由は経済と文化の二つに分けて説明と例を簡素に言えばもう2分になります。

このようなアイデア集を100個も作れば頭の中に多様なアイデアと例が混在しますので、あとは組み立てるだけでしょう。

一緒に考えましょう!

テソーラスハウス
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-3-1 BARBIZON64 5F
お電話でのお問い合わせはこちら TEL:03-6805-3122
E-mailでのお問い合わせはこちら

販売教材


PAGETOP

英検®1級対策専門校 テソーラスハウス