オンライン添削コース紹介

ホーム >> オンライン添削コース紹介 >> 国連英検特A準備対策 オンラインコース

国連英検特A準備対策 オンラインコース

当校のプライベートレッスンで国連英検特A合格者を指導してきたネイティブ講師 が、あなたのスピーチ原稿をオンラインで添削いたします。
遠方に在住している方、仕事など多忙なため定期的にレッスンを受講出来ない方のご要望に十分お応えできるオンライン添削コースです。


受講料

コード コース名 受講期間 受講料(税込)
USQ05 国連英検特A級準備 面接対策 オンラインコース
(スピーチ原稿添削)×10回
10か月 22,600円

*1回あたり、スピーチ原稿300ワード前後の添削となります。
*受講期間は1本目のスピーチ原稿の送付日から開始します。

>> 国連英検特A準備対策オンラインコースのお申込み・お問い合わせはこちら

受講の流れ

1. お申込み → 2. スピーチ原稿作成 → 3. 文字数確認 → 4. 課題の送付
→ 5. 添削済みスピーチ原稿の質問到着

1. お申し込み
2.スピーチ原稿作成
  • MS-Wordにてスピーチ原稿を書いていただきます。
    フォーマットはこちらからダウンロード してください。
  • スピーチ原稿のテーマはご自分の得意分野をご自由にお選びください。
    MS-Word(97-2003形式)を使用できない方はご相談ください。
  • MS-Wordの上部をダブルクリックして、お名前とスピーチ原稿のテーマを英語でご記入ください。
スピーチ原稿作成

※上図の「赤枠」をダブルクリックすると、お名前とテーマをご記入いただける状態になります。
※書き出しは、赤の「矢印」の箇所からお願いします。

3. 文字数確認
  • スピーチ原稿作成後、MS-Wordの文字数カウント機能で文字数を確認します。
    300ワード前後が適切です。

○MS-Word(97-2003形式)の場合
[ツール] - [文字カウント]

MS-Word(97-2003形式)の場合

○MS-Word2007の場合
[校閲] - [文字カウント]

MS-Word2007の場合
4. 課題の送付
  • ファイルを保存し、添付メールで返信してください。
    1回に複数のスピーチ原稿を送っていただくことも可能です。

(注意1) ファイル名 USQ_Name_Theme → USQ_あなたのお名前(英語)_テーマ(英語)
ex. USQ_HanakoYamada_NuclearDisarmament
(注意2) MS-Word(97-2003形式)で保存してください。

5. 添削済みスピーチ原稿の到着
  • 課題の送付後5日以内に、添削済みのスピーチがお手元に届きます。
    ※試験前後は返却が遅れる可能性があります

>> 国連英検特A準備対策オンラインコースのお申込み・お問い合わせはこちら

国連英検特A級準備対策 オンライン添削コースで学べること

1.国連英検特A級が求める英語によるコミュニケーション能力

国連英検特A級の二次面接試験は、英語資格の中で最も高度な英語によるコミュニケーション能力が要求されます。
正確かつ流暢な英語力は国連英検特A級二次合格に当然求められます。 さらに国際機関で働く際に要求される国際常識を備え、時事問題、国際問題について極めて広範かつ深い知識が必要となります。
英語ができる=コミュニケーション能力が高いというわけではないのです。
日常会話に何の支障もない帰国子女やビジネス英語が堪能な海外駐在経験者にとっても、かなり難関の試験と言えます。
テソーラスハウスは、これまでの指導経験と実績をもとに、国連英検特A級が求める極めて高度な英語コミュニケーション能力の養成のために国連英検特A準備対策 オンラインコースをご提供いたします。

2.ロジカルで一貫性のある構成

ネイティブレベルの英語力があり、時事問題、国際問題に精通しているだけで、国連英検特A級に合格できるわけではありません。
特A級は、様々な国や地域出身の多種多様なバックグラウンドを持つ人々と、複雑かつ高レベルのコンテンツについて議論する能力を測る試験です。
日本人特有の「遠慮がちな態度」、「曖昧な主張」、「結論が最後」という習慣から脱却し、論理的かつ一貫性のある情報発信能力が必要です。
テソーラスハウスのネイティブ講師は、あなたのスピーチ原稿を、国際機関で高いレベルで通用する説得力のあるものに仕上げます。

3.ネイティブ講師からの的確な情報提供!

テソーラスハウスのネイティブ講師はただ英語が話せるだけではありません。
文部科学省の奨学金により、母国を代表して日本の大学の修士、博士課程で研究している優秀な留学生です。
高いレベルの専門分野の知識に加えて、国際人としての幅広い知識と見識を兼ね備えており、
国連特A二次試験に出題される国際問題にも精通しています。
また、日本在住者ですから日本の社会問題に関する知識も豊富で、日本の時事問題と国際問題の相関関係について、正確に添削指導することができます。
英語を学習する日本人特有の問題点をよく理解していますので、英語指導についても高いスキルを持っています。

>> 国連英検特A準備対策オンラインコースのお申込み・お問い合わせはこちら

▲ ページの先頭へ