校長日誌

2017年2月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
テソーラスハウス校長 小林蕗子

テソーラスハウス
校長 小林蕗子

当校テソーラスハウスは英検1級二次面接試験専門校として19年間の実績を誇ってまいりました。 19年間にわたって受講生様・ネイティブ講師との出会いと別れを数多く経験しました。 そして今、新しくめくるページにテソーラスハウスのネイティブ講師、受講生様で織り成すレッスンの話やエピソードを皆様にお届け出来れば幸いです。

[ 2016 年 9 月 7 日 水曜日 ]

テソーラスのメルマガを始めました!

  テソーラスのメルマガを始めました!             20160907   おかげさまで、テソーラスハウスは開校25年を迎え卒業生の人数は2300人を超えることになります。 英検1級専門校という特殊性もあり生徒様に在籍いただくのは約3か月しかありません。それにもかかわらず当校のことを覚えていただき10年前、20年前の生徒様と親しく交流できる幸せを頂いています。 &nb...

…続きを読む


[ 2016 年 3 月 4 日 金曜日 ]

二次試験では意見を簡潔に述べよう

英検1級二次の発表が3月1日に行われました。発表当日12人方から合格のお知らせをいただきました。今回合格された方の得点がいつもより高いことに驚きました。 最高点は98点、他の方も80点、70点台での合格でした。 今後まだまだ合格のお知らせをいただくと思いますが楽しみです。 今回当校からの受験生の中には中、高校生の生徒さん達もいましたが予想どおり合格でした。スピーチの構成がきちんと定まっていたのが勝...

…続きを読む


[ 2016 年 1 月 22 日 金曜日 ]

校長日誌 2016年1月22日『地下鉄の轟音のようなエッセイは書かないで!』

皆様ご存知の英語雑誌CNNee(朝日出版)に昨年4月号から今年3月号まで1年間連載記事をネイティブ講師と共著で執筆させていただきました。「意見を述べる英文ライティング」という記事でネイティブ講師のモデルエッセイと読者のエッセイを翻訳・解説・分析するのが私の役割です。このエッセイは英検1級二次試験と同じく自分の意見を明確に述べそれを支持するポイント2個を書くことが要求されます。 2016年3月号のお...

…続きを読む


[ 2015 年 11 月 22 日 日曜日 ]

校長日誌 『英検1級二次試験発表のあとで』 2015年11月22日

この数日間テソーラスハウスの受講生の方がたから英検1級二次試験の報告をいただいています。   現在お知らせいただいている合格者数は20名です。後になってお知らせくださる方も多いので合格者数はもっと伸びそうです。 当校金曜日クラスでは6人中5人の方が合格されお一人だけ1点差で不合格でした。運が悪かったこの生徒さんは通常の授業では他の受講生よりむしろよくお出来になっていましたが、本番で少し微...

…続きを読む


[ 2015 年 11 月 13 日 金曜日 ]

校長日誌 2015年11月12日『勤勉な日本人だからできること』

  英検1級二次試験を受験されたみなさま、結果発表が気になって いらっしゃる今日この頃ではないでしょうか。 情報によれば今回の二次試験トピックは国際事情に関する難しい問題が多く出されたとのことです。 二次試験は、二人の試験官が各自別々に採点するのでスコアに多少の主観が反映されても仕方ないでしょう。多少の運、不運が合否を左右することは致し方のないことであります。ですから二次試験は4回のチャ...

…続きを読む


[ 2015 年 7 月 17 日 金曜日 ]

校長日誌 2015年7月16日 『英検1級スピーチ 2つのポイントの考え方』 

英検1級二次受験生のみなさんが一番苦労されるのがトピックについて二つのポイントを即興で考えることです。 テソーラス受講生の方たち1個のポイントは思いつくが2個目のポイントをつくり出すのが難しい、アイデアが浮かばないとよく言われます。2個目のポイントで意見を思いつかないまま話し始めると構成力に欠けるダラダラとした内容になります。メリハリのある2つのアイデアを考え出すにはどのようなスキルが必要でしょう...

…続きを読む


[ 2015 年 4 月 24 日 金曜日 ]

校長日誌 2015年4月24日 『魅力ある日本人』

  先日テレビで放送された信州大学入学式での学長の言葉は印象的でした。 「学生はスマホを捨てて、本を読み友人と語り合いなさい。 そうでなければ、大学入学を止めなさい」 今の大学生は社会、政治、国際問題について議論することはほとんど無いようです。当校テソーラスハウスで英検1級を学習する大学生たちも同じことを言っています。 国立大学に学ぶ学生が自分の国の政治や社会問題について友達と議論することは皆無だ...

…続きを読む


[ 2015 年 3 月 27 日 金曜日 ]

校長日誌 2015年3月25日 『春』

春になるとだれもが気持ちも新たに何か有益なことをはじめようと考えます。 今年こそは英語がもっと上手になりたいと願う人は多いと思います。 実力を確実に向上させるためにはまず目標を定めることが大切です。 英検1級や国連特Aを目標にして英語力を確実なものにされてはいかがですか。   テソーラスハウスの受講生Aさんの話です。 去年の春、英検1級合格を目指して勉強を始められました。 30代の主婦の...

…続きを読む


[ 2015 年 3 月 3 日 火曜日 ]

校長日誌 20150302 学ぶことの幸せ

明日はいよいよ英検1級二次の結果がwebで通知されます。 今までに受験された方からよく聞くのですが、結果発表まではおちおち眠ることも出来ないくらい緊張していたと言われます。 例えば3年間かけてコツコツ勉強してやっとの思いで1次試験に合格したら、その後の二次試験が思いもかけないくらい難しく、ついに今回が4回目となり必死で勉強したにも関わらず自信が持てなくて結果発表まで食べ物ものどに入らない状態だっ...

…続きを読む


[ 2014 年 8 月 29 日 金曜日 ]

日本人は創造力が乏しいのですか。

日本人は創造力が乏しいのですか。 20140828 今日はテソーラスハウスのクラスで皆さんが考えたり発言したりしたことについて書いてみます。 先日の英検1級二次クラスで’How to improve Japan’s image in the world’ というトピックが出ました。「日本人はもっとcreativity を高め日本を魅力的な国にするべきだ」という意見が出ました。長きにわたって日本...

…続きを読む



▲ ページの先頭へ