合格体験記

ホーム >> 合格体験記

debate と presentationのおもしろさを得た

中田 さとみ 英検1級二次試験 2006年

テソーラスの英検2次試験対策の授業は本当にためになりました。1度目の2次試験では独学だったので2点差で落ちてしまい、2度目はなんとか合格したい思いでテソーラスの門を叩きました。
テソーラスで特に良かった2点について述べたいと思います。

アサイメントについて

毎週8つのトピックについてスピーチを用意してくるのですが、授業ではどのトピックに当たるのかわからないので前もってきちんとスピーチを作成してそのトピックについてインターネット、英字新聞、英文雑誌などでリサーチもしてくることが必要でした。忙しい毎日でこの細かい作業をこなすことは非常に大変でした。しかし、この訓練が英検1級2次試験対策の基礎を作ったと思います。授業が終った頃にはすでに80本以上のスピーチが出来ており、ラストスパートの期間にまとめて復習ができました。授業で出されているスピーチトピックは厳選されており、実際の2次試験で似た問題が出たので非常に助かりました。

授業Q&Aについて

テソーラスのQ&A授業はとにかくためになりました。独学で勉強していますと、ついつい偏った方向の勉強になりがちで盲点を見落としがちです。毎回のスピーチで先生方から自分のスピーチの内容について随所随所にするどいQuestionやアドバイスが入ったので、自分の弱点ポイントを知る上で非常に勉強になりました。日本人はディベートといった環境には慣れていないのでこういう勉強は試験対策だけでなく、会社内でのディベート、プレゼンテーションにも応用できると思います。テソーラスでのQ&Aの訓練の成果、実際の2次試験のQ&Aは想定内の質問で対応できました。

最後に

今回、初めてテソーラスの授業を受けて本当に良かったと思いました。
やはり、毎回のアサイメントは苦しかったですが、やってよかったと思います。授業を受けながらもだんだん debate と presentationのおもしろさを得ることが出来ました。
テソーラスで学んだ手法を思い出しながら、今度は通訳ガイド試験にトライしてみようと思います。

先生方には本当に感謝しております。ありがとうございました。

▲ ページの先頭へ