合格体験記

ホーム >> 合格体験記

独学の限界(試験対策編)

小野寺 毅 英検1級二次試験 2009年


はじめに
私は、いまひとつ英語力に自信がないながらも、10か月足らずの試験勉強の結果、平成21年度第1回の英検1級試験に合格いたしました。ここに至るまでの特に二次試験に関する私の学習の経緯や思ったところを記すものですが、読まれる方に何らかの参考になれば幸いです。

1.一次試験と平行して行った二次試験準備
私が英検1級受験を思い立ったのは、昨年の10月でした。英検準1級合格したのは17年前で、その後も様々な形で英語の勉強を継続していたものですが、思うところ諸々あり、一念発起して1級を目指すことを決意いたしました。
一次試験の8か月前に勉強を開始し、平行して二次試験の準備をすることとしました。一次と二次の準備を平行して行うというのは多くの受験生がされている、あるいは既にされてきたことと思いますが、やはり一次試験対策にも二次試験対策にも集中できないのが辛いところでした。
結果として、二次試験対策はテソーラスのレッスンとその予習・復習がメインで、一次試験後にテソーラスで学ぶ以外の対策を本格的に実施したような次第です。

2.独学の限界
一次試験の勉強と平行しつつ、二次試験対策についても勉強方法を模索しましたが、その結果として私が得たものは「二次試験対策は独学不可」という結論でした。
本来、私は資格試験等ではコツコツと独学するのが性に合っており、1級の一次試験も過去問中心に独学しています。そんな独学派の私が、それなりに二次試験用のテキストとして使える参考書を揃えたり、ネットで合格体験記を読むなどした上での多少の試行錯誤の結果、行き詰まり独学の限界を痛感したのです。
試行錯誤の過程で二次試験対策の模範答案も何枚か作りましたが、とても2分間の枠に収まる内容ではありませんでした。スピーチや質疑応答で内容的に何をどこまで求められるのか、ほとんど見当がつかなかったので、小レポートのような模範答案になってしまったのです。結局、根本的に構成や分量を考え直さなければならなくなったのですが、独学のままであれば、こんな小レポートのような模範答案を何十枚も丸暗記して二次試験に臨み、玉砕していたことはほぼ間違いありません。
最終的に、二次試験はある意味「クセのある特殊なテスト」であり、突破するためには特別な秘訣やノウハウが必要であり、また、場慣れするための模擬演習が不可欠であるはずだ・・・と思うに至り、テソーラスの門を叩いたのです。

3.テソーラスのレッスン
さて、そのテソーラスの最初のレッスンです。まず与えられたトピックは「少子化対策」という、その時点の私でも既にある程度予想して勉強していたテーマだったのですが、いざスピーチを行うとなると緊張でガチガチになり、スピーチの内容も支離滅裂なものになってしまいました。
しかし、その初回でスピーチの基本構造について教わり、目から鱗が落ちる思いをしました。2分という短い時間で伝えるべきポイントを伝え、スピーチとして最低限の組立てを構築するには必然的にこういう組立てになるのか・・・と思ったものです。
その後、レッスンの回数を重ねるごとに、さらに段々要領がわかってきました。
最大のポイントは「グダグダ考えないこと」です。2分間で伝えられる情報量には限度があります。ある程度の割り切りが必要になります。イエス・ノーで答えるべき質問にイエスかノーの立場を取ることはもちろんです。条件付きの賛成はスピーチの論理の切れ味を鈍らせますし、賛否両論を述べるのは判断力や論理構成力の不足を疑われたりもするでしょう。問題に関する自分の立ち位地を鮮明にして、あくまでも自分の選んだ立場からの意見を展開するということが、体得した要領の大きな1つです。この点については、英検1級問題集のスピーチ例などでも「条件付き賛成」「賛否両論」が含まれていたりするので、多くの受験生が迷うところかと思いますが、テソーラスで、ズバリと核心を衝いた思考方法が得られたように思えます。さらに私は一歩踏み込み、イエス・ノーで答えるべき質問の場合、とりあえず自分自身の本音の意見を無視して、論旨が明快で答えやすいサイドを選択することにしていました。また、説明は余計な枝葉を省いてシンプルにまとめることもレッスンの中で徐々に会得していきました。下手に「条件」「仮定」「例外」等に囚われると論旨がグダグダになり、何を言わんとしているのかがわからなくなってしまいます。特に自分の意見については「~かもしれない」ではなく、ズバリと「~である」と断定してしまうべきであることも徹底的に頭に叩き込まれました。

もう1つ学んだ大きなポイントは「具体性」です。「説明を長々と展開するより、事例を1つ挙げた方が説得力がある」「自分の体験を題材にしてスピーチを構築すると突っ込まれ難い」とレッスン中に先生から何度も教えていただいたのですが、これも二次試験突破のための的を射たコツであると思います。実は英検1級問題集をはじめ様々なスピーチ例を見ると抽象的な説明に終始しているものも少なくないのですが、やはり「事例」や「経験」を含むスピーチの方が理解しやすかったり、共感を呼んだりするのも事実です。しかしながら、適切な事例や経験を自分の引出しの中から見つけてスピーチに盛り込むのは、なかなか大変なことです。私も、スピーチが抽象的な説明になってしまうことが度々あり、事例を盛り込むべきことを再三先生より指摘されたほどです。

テソーラスのレッスンでは、これらのノウハウを知識としてではなく、思考体系レベルにまで体得できたことが成果でした。
平行してキーフレーズ・キーポイントの暗記が功を奏してきたこともあり、短時間の内にスピーチを組み立てる要領が把握できました。こうして、テソーラスのレッスンを受ける中で、二次試験対策上の大きな前進が見られたのです。
しかし、常に課題は「タイムマネージメント」でした。これは私だけではなく、一緒にレッスンを受けているクラスメートの皆さんにも共通の難点だったようですが・・・。とにかく、スピーチが2分という時間を思いっきり超過したり、逆に30秒も余ってしまったりなど、時間管理の難しさを痛切に感じました。この点だけは最後まで私も苦しんだのですが、対策として、1つの論点について事例も含めて英文を3~4フレーズに収めることを目安にしていました。

4.二次試験対策
テソーラス以外の対策ですが、「合否を決める決定的な要素というのは、実は自分で能動的に行う対策の如何次第ではないか」と思っています。私の自主的な対策は以下のとおりです。

① 「英語スピーチハンドブック120」の活用
テソーラスのオリジナル教材である「英語スピーチハンドブック120」を徹底的に活用しました。私の二次試験対策の主力兵器といっても過言ではないでしょう。書き込みを入れたり、アンダーラインを引いたりしてカスタマイズし、各ポイントやキーフレーズを暗記しました。実際の試験にそのままズバリが出るだろうなどと甘い期待はさすがにしていませんでしたが、頻出テーマのキーワードやキーフレーズを覚えていれば応用が利くはずで、試験場で為す術もなく敗退することはなくなるだろう・・・とは思っていました。実際の試験では、やはりズバリはありませんでしたが、後述するとおり、この本からキーワードを引用して使っています。

② 過去問からの傾向予想、頻出テーマの抽出
私は英検1級問題集を最新版を含めて過去に遡って4冊購入しました。「過去8年、本試験24回分」の過去問を一次試験対策として解くためです。しかし、これらの問題集には二次試験の問題やスピーチ例も併載してあり、二次試験対策のための重要な資料になりました。特に二次試験の過去の出題トピックを過去24回分通してながめることで出題の底流にあるテーマやパターンを見出すなど、様々な情報が引き出せたように思えます。たとえば、パターンでは「頻出トピックは切り口を変えつつも頻繁に出題される」「時事的な要素も出題に反映する」「政治・経済と科学・医学からは必ず1題ずつ出題される」といったことです。いわゆる「運を天に任せてヤマをかける」というのはあまり好ましい受験の姿勢ではないと思いますが、「頻出トピックの全範囲を網羅した上で、特に出題しそうな分野を重点的に学習する」のは栄冠に通じる戦略だと思います。全ての頻出トピックを均分に学習するより、傾向をある程度予想して濃淡のある勉強をする方が有効であると私は思うところです。

③ 頻出トピックの研究
頻出するトピックについては、質疑応答に備えて、ある程度の理解や予備知識が必要であると思います。私の場合は科学や環境の分野の知識が弱かったので、ネットのグーグルやウィキペディア等を活用して、「代替エネルギー」「地球温暖化」等の頻出トピックを研究しました。

④ 予想スピーチ作成
出題が予想される時事性の強いトピック等は、既存のスピーチ例等ではカバーできなかったので、予想スピーチ例を作成しました。私の場合、「オリンピック招致」「裁判員制度」を時事ネタものとして作り、「臓器移植」「死刑制度」「国連安全保障理事会の常任理事国」を既存のスピーチ例等を参考にしつつも、最新の情報を盛り込んで強化した予想スピーチ例として作成しました。結局いずれも本番では全く出題されず徒労に終わった作業ですが、出題されても全くおかしくなかったはずですし、出題された場合にはこのような一見ムダに思えるような準備が縦横に効果を発揮したことと思います。

⑤ 模範スピーチ例の研究
英検1級問題集等の模範スピーチ例も大いに活用しました。テソーラスのメソッドから見ると「イマイチかな」と思えるスピーチ例ではあっても、結構、キーフレーズやキーワードは抽出できるものです。それらの抽出したキーフレーズやキーワードは、「英語スピーチハンドブック120」にメモとして書き込んだり自前の予想スピーチに埋め込んだりなどしました。

5.二次試験本番
 
      続きはこちらへ

タグ:

▲ ページの先頭へ