合格体験記

ホーム >> 合格体験記

楽しみながら学び、成長を感じられた

宮下 万利子 英検1級二次試験 2007年

私が最初にテソーラスハウスのレッスンに参加させて頂いたのは、英検一級の二次試験に六回不合格となり、途方にくれていた時でした。
同じような悩みを持つたくさんの方々がテソーラスハウスで勉強された結果、一級に合格されたという体験記を拝見し、最後の望みをかけるような思いで通い始めました。そこで初めて、一級で求められているスピーチの簡潔さ、論理的な展開、具体的な例による立証などがどのようなものなのかを知ることができました。レベルの高いネイティブの先生のレッスンにあわせて、英字新聞やTIME、いろいろな分野の本などで情報を集めながら必死にスピーチの練習をしていく中で、いつの間にか一級の合格レベルを超える力を身につけさせて頂いていました。一級の力を身につけられたことで、続いて通訳ガイド試験、通訳検定二級、商業英検A級にも合格することが出来ました。

さらに英語力を高めたいと考えて国連英検の特A級を受けた時、また英検の時のような大きな壁につきあたることになりました。二次のスピーチに合格するためにはテソーラスハウスのレベルでなければ無理だということに気付き、英検でお世話になって以来十年ぶりに、今度はプライベートレッスンの形で参加させて頂くことに決めました。国連英検では国際問題についての深い知識と理解が必要とされる上に、英検一級以上のスピーキング力、国際人としてのマナーも求められます。カイリー先生の授業を通して、国連という中立的な視点から国際問題を理解する姿勢、いろいろな国の試験官の方々が不快に感じないような意見の表明の仕方など、合格に不可欠な実践的で具体的なご指導を頂き、四度目の試験でついに合格、続けてケンブリッジ英検のCPEにも合格することが出来ました。

そして今回、TOEFLのiBTのスピーキングのために、ローレン先生のプライベートレッスンを受けさせて頂きました。質問の意図を的確に理解し、45秒という短い時間で説得力あるスピーチにするためにたくさんのアドバイスを頂き、トータルで103点というスコアをとることが出来ました。

子育て、母の介護と勉強を両立させる中、試験に落ち続ける苦しい時も何度もありましたが、テソーラスハウスで素晴らしいネイティブの先生方とのコミュニケーションを楽しみながら様々な視点を学び、試験に合格する力をつけるのと同時に自分自身が成長していくのを感じられる喜びが、つらい時期を乗り越える大きな支えとなりました。

私にとってテソーラスハウスとの出会いはかけがえのないものであり、お世話になった先生方には心から感謝をしています。

タグ: , , , , ,

▲ ページの先頭へ