合格体験記

ホーム >> 合格体験記

テソーラスで点数大幅アップ!

大山 円香 英検1級二次試験 2007年

2007年11月、私は始めて英検1級の二次試験を受けました。そのときは、2週間市販のスピーチ集を丸暗記し、何とかなると思っていました。結局、ひたすら論点のずれたスピーチを話していたらしく、面接官の表情が険しくなったのを鮮明に覚えています。それ以来、人前で英語を話すのが怖くなり悩んでいた時、インターネットでテソーラスを知り、説明会に参加しました。そして、情報量の多さ、講師陣の経験の豊かなことが決めてとなり、テソーラスにかけてみようと思いました。

レッスンについて、主に次のポイントが私には効果的でした。

  • トピックがタイムリーで、バランスよく網羅されている
  • 論理的に話す指導(Q&A)
  • スピーチ組立の指導(説得力、2分間のタイムマネージメント)
  • 自己アピール(アイコンタクト、ジェスチャー、声の抑揚・大きさ)
  • クラスメートの意見を聞きpros and consを考えられる

授業は、毎週8つのトピックの中から2つほど選びスピーチしますが、できる限り全てのトピックを予習するよう心がけました。はじめは、スピーチ1つ考えるのに1時間以上かかることもあり、それでも思いつかない時は家族で議論しました。しだいに慣れてきたのか組立時間が短くなり、どうにか即興でできるようになりました。それと、キッチンタイマー使い、2分間でスピーチが終わるよう感覚を養いました。

先生方の質問をメモし、自分の主張に対して矛盾なく答えられるよう復習しました。時事・環境問題は重複する事項が多いので、整理するためマインドマップを作り、授業で録音した自分のスピーチの抑揚、聞き取りにくい箇所や文法間違いをチェックしました。
私は、声が小さく、表情がこわばっている事を何度も指摘されました。自信が無いから声が小さくなる…。わかっていても余裕のない私は、人が聞き取りにくいスピーチを話し続けました。それでも小林先生は、英検の面接はコミュニケーションであり、相手の立場になってわかりやすく大きな声で、しかも笑顔で自己アピールすることが大切だと、根気よく指導して下さいました。そこで声を大きくするため、8週目ぐらいから鏡に向かって大きな声でスピーチする練習をしました。

本番では、テソーラスで教わった事が、私を支えてくれました。最初に英語の勉強方法を質問されたので、私の上司は日本人だが私と英語で話してくれると答えると、会話が弾み、少し緊張がほぐれました。トピックも教わったものが的中し、思わず心の中でガッツポーズしたほどです。丁度2分で終わり、Q&Aで面接官が頷いてくれた時は、思いが伝わった気がしてうれしかったです。

テソーラスに通い点数が大幅に伸び合格しただけでなく、自己アピールの方法や論理的思考が身についたことも大収穫でした。
最後に、熱心にご指導くださった小林先生、ネイティブの先生そしてスタッフの方、本当にありがとうございました。皆様のご健闘をお祈り申し上げます。

タグ:

▲ ページの先頭へ