合格へのカギ

ホーム >> 合格へのカギ

英検1級スピーチ

4.印象的なスピーチの作り方(その2)

前回の続きです。

自分の言いたいことを相手の心の中にイメージさせることができれば、英検1級2次試験で面接官の心に鮮明な印象を残し、合格へ一歩近づきます。 
 

書物であれスピーチであれ、言葉の力だけで鮮明なイメージを、読む人、聞く人にインプットすることが出来ます。 

優れた作家は、情景を具体的に描写することで読者を別の世界にいざないます。

例えば、村上春樹「海辺のカフカ」の小説では、主人公14歳の少年が一人で森の中で生活をします。その場景を描く部分でたったの8行で次のような具体的な言葉を盛り込んでいます。

「コンパス、ナイフ、水筒、非常用食料、防水スプレー、長袖のシャツ、首のまわりに巻くタオル、帽子、雨、ポンチョ、低い灰色の雲、空を横切る鳥の群れ」

 

誰もが経験し、見たことのある場面、景色、物体を具体的に述べることが鮮明なイメージを与えるスピーチになります。

テソーラスの英検1級2次スピーチ対策クラスで、「輸入を制限すべきか否か」について議論した時のことです。

ある主婦の方が「賛成です。中国の製品は値段が安い。私の家族は主人、私高校生の息子3人がテニスをするのでタオルがいくらあっても足りません。中国製100円タオルだったら新しいタオルを何本も躊躇することなく買うことが出来て助かっています。」

ここにも「高校生の息子、主人、テニス、中国製タオル、100円」など具体的な言葉が使われています。 

 

英検1級二次試験では、私的なこと、日常的なことは言うべきでないという誤解があるようですが、試験官も同じ生活者。遠慮なく生活用語をスピーチに盛り込んで親近感をかちとりましょう!

タグ: , ,

英検1級スピーチ 合格へのカギ


英検1級英作文 合格へのカギ


英検1級単語 合格へのカギ


英検1級 お役立ち情報

現在準備中です

▲ ページの先頭へ