校長日誌

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
テソーラスハウス校長 小林蕗子

テソーラスハウス
校長 小林蕗子

[ 2015 年 3 月 27 日 金曜日 ]

校長日誌 2015年3月25日 『春』

春になるとだれもが気持ちも新たに何か有益なことをはじめようと考えます。

今年こそは英語がもっと上手になりたいと願う人は多いと思います。

実力を確実に向上させるためにはまず目標を定めることが大切です。

英検1級や国連特Aを目標にして英語力を確実なものにされてはいかがですか。

 

テソーラスハウスの受講生Aさんの話です。

去年の春、英検1級合格を目指して勉強を始められました。

30代の主婦の方です。

英語を使う仕事を得るために1年間で1級に合格するのだという強いプレッシャーを自分に課していました。

テソーラスハウスでの勉強は熱心で積極的でした。

この生徒さんの熱意と意欲がクラス全体に波及しました。

他の生徒さんも時事問題に対する意見を考え発表することに集中しました。

みんなの集中力が新たなアイデアを生み、クラス全体が活気にあふれました。

 

Aさんは昨年秋に1次、2次に合格しました。

今はビジネス英語を駆使する希望の仕事に就かれています。

そしてさらなる英語の上達をもくろみつつ仕事に邁進されています。

先日お会いしたときは春の光のような笑顔が印象的でした。

 

1級または準1級は合格しているがもっと上級の英語力をつけたいと思っている方はいませんか。

そんな方は目標(国連特A、英検1級)をもってこの春から英語学習を開始しましょう!

来年の春はもっと輝く春を迎えることになるのではないでしょうか。

 

テソーラスハウス 小林蕗子

コメントをどうぞ

▲ ページの先頭へ