校長日誌

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
テソーラスハウス校長 小林蕗子

テソーラスハウス
校長 小林蕗子

[ 2015 年 3 月 3 日 火曜日 ]

校長日誌 20150302 学ぶことの幸せ

明日はいよいよ英検1級二次の結果がwebで通知されます。

までに受験された方からよく聞くのですが、結果発表まではおちおち眠ることも出来ないくらい緊張していと言われます。

例えば3年間かけてコツコツ勉強してやっとの思いで1次試験に合格したら、その後の二次試験が思いもかけないくらい難しくついに今回が4回目となり必死で勉強したにも関わらず自信が持てなくて結果発表まで食べ物ものどに入らない状態だったと言うような話はよくお聞きします。

大変な努力をして英検1級合格されたら今ある実力を下げないようにこれからの勉強持続の方法を考えられることをおすすめしたいのです。

1級合格者の中には英語力維持のために何度も試験を受け続けている方もいます。当校の生徒さんは7回連続合格や5回連続合格のかたがいます。

何回も合格を重ねられると受かるのは当然と考えられています。

そこまでされる目的はご自分の英語力向上です。

英検1級合格した後の目標を国連英検特A級に定める方も多くなっています。

国連特A級は英検1級よりさらに高度な英語力を求められます。

多くの方が23年かけて合格に到達されます。ブログで有名な“土佐犬英語学習記”の土佐犬さんは国連英検特A3回合格されていますがまだ今後も受け続けていかれるようです。英語学習が面白くて止められない境地のようです。

“学ぶことは生きる喜び”と言われていますがテソーラスハウスの生徒さんの

レッスン終了後の満ち足りた表情を拝見するだけで幸福感を覚えます

一人でも多くの生徒様が学ぶことの幸せを感じながらさらに向上されることが私仕事の神髄であります。

明日みなさまからのご報告をお待ちいたしております。テソーラスハウス 小林蕗子

コメントをどうぞ

▲ ページの先頭へ