合格体験記

ホーム >> 合格体験記

「国連英検特A」合格体験記

 2014年

A級に3年間挑戦し続け、ようやく合格通知をいただくことが出来ました。

応援をしてくださった皆様に感謝します。

学習するにあたり、実際に行ったことを以下に書いてみました。

すでに掲載されている体験記と重なる部分も多いですが、少しでもこれから受験される方々のご参考になればと思います。

【学習開始時の力】

・国連に関する知識 ほぼゼロ 

・国際情勢 ほぼ無知

・英語力TOEIC990、英検1級だがあまり話せない

【1次・2次共通 これをやって良かった】

・合格体験記を読む

受かった人が何をしたか具体的にリストアップ。

まず素直に真似してみて、自分に合った学習法のみ継続。

・土佐犬さんのブログ『土佐犬の英語学習記』

3回も合格されてなお受験し続けていらっしゃる方です。

情報をいろいろ提供してくださり、とても参考になります。

国連英検を受験される方が一度は訪れるべきブログではないかと思います。

・渋谷『テソーラスハウス』の国連英検対策講座

通学距離が遠く数回の授業しか受けられませんでしたが、学ぶことが非常に多かったです。エコノミストの記事を読むにしても、どの程度まで深く読むべきか、どういった質問が予想されるか等のヒントをたくさんいただきました。先生が素晴らしい方です。

・国連英検指定テキストから逃げない

無味乾燥に思えたテキストも、だんだん面白く感じるようになりました。

・国際情勢と現代史に関する本の多読

最初は池上彰さんの解説本から入り、次に新書→その他の順で読みました。

・NHK解説委員会のHP

このサイトは大変分かりやすいです。

・学んだことをテーマ別にノートにメモ

[本、新聞記事、エコノミスト等英文記事、podcast]→1冊のノートに集約

【やらなくてもよかったこと】

・漠然と英文記事を読む

要点をまとめてノートに書き、使いたい表現を身につけることをしなければだめだと感じました。

・その他、アウトプットを考えない勉強

・エッセイや二次試験の質問を想定し、あらかじめ答えの文章を作って丸暗記することはしませんでした。なるべくその場で考えたことをその場で表現したかったからです。

【1次】

・過去問をやる

・国連知識問題対策をしっかりやる

過去問の出題傾向から、どこが出るかある程度予測できます

・語彙力をつける

英検1級レベルの単語は必須です。

まずパス単1級を99%暗記。次にWord SmartⅠとⅡの暗記をしました。

さらにエコノミストやJapan Timesに未知の語句が出てくる度、暗記に努めました。

【2次】

・活用したpodcast

NHK WORLD RADIO JAPAN』『BBC Global News』『United Nations RADIO

FAREED ZAKARIA GPS

pod cast のシャドーイング

二次直前の1週間で『NHK WORLD RADIO JAPAN』のシャドーイングをうんざりするほどやりました。

pod cast で時事用語、人名や固有名詞の確認→ノートに書き出し。

日本語のみで知識を仕入れていると、とっさに用語が出てこなくて困ります。

pod cast の速聴

シャドーイングができない時は1.52倍速で聞くようにしました。

それでも徐々に耳が慣れて聞こえるようになります。

これをしていると試験官の話す英語がゆっくりに感じます。

【最後に】

お読みいただいてありがとうございました。何か一つでもご参考になれば幸いです。私でも合格できたということは、どなたにも合格の可能性があるということだと思います。地方にいようが留学歴や今知識がなかろうが、これから勉強すればどうにでもなります。今後も勉強を続けていきたいと思います。

▲ ページの先頭へ