合格体験記

ホーム >> 合格体験記

二次面接試験対策講座 受講 合格体験記

英検一級二次試験 2013年

一次試験に合格した際の二次面接の結果が51点。二度目の面接は申し込み忘れ、
三度目の面接の結果が54点。次の面接で不合格になると筆記試験から再スタート
という状況で無料体験講座を受講し、学習のペースメーカーになればいいかな
というくらいの気持ちで本講座に申し込みましたが、私はThesaurus House を
通してそれ以上のものを得られたと思っています。

1.学習意欲のある人たちと学べる。

英検1級合格に向けて意欲的に取り組んでいる人たちと学べたことはThesaurus
Houseでの大きな収穫でした。合格しているけど定年退職後の生涯学習として
通われている方、弁護士を目指している方や学生さんなど、多様な方々と
学ぶことができて、高等学校というせまい世界で日々仕事をしている私には
大きな刺激となりました。また、他の受講者がどのようなスピーチをするか、
どう学習しているかを知ることが出来るのも、自宅での学習に変化をもたらして
くれました。

2.幅広い社会問題に対する知識のある講師を相手に
スピーチとQ&Aの練習が出来る。

準備したスピーチを1本、その場で選んだスピーチから1本を発表するのですが、
講師の先生方はそのスピーチに対して様々な関連する質問をしてくれます。
質問されそれに答えるという訓練が本番でとても活かされ、INTERACTIONの
項目が15点から満点の30点に上がりました。

スピーチに対する構成の出来不出来も先生によって優しい、辛めの言い方に違いが
あるものの的確で、本番までにその場で構成を組み立てる練習を重ね、
15点から24点に上がりました。ちなみに講座が半ばを過ぎたあたりからスピーチ
の準備はせず、たくさんあるスピーチのお題のそれぞれに合いそうな話題を
自分の発信出来るレベルの英語表現でまとめるようにしました。

小林先生による、このトピックにはこんな捉え方がありこうした時事問題が
適しているといったアドバイスや、モゴモゴ話していて面接官への印象が悪くなる
といった、穏やかな口調ながら的確な指摘により、面接に向けて修正すること
が出来ました。

以上、簡単にですが講座に通って良かったなあという点を挙げてみました。
結果として54点の前回のスコアから88点での合格となり、今後どのように
英語学習に取り組んでいこうかというヒントも得ることが出来ました。

名無し非常勤講師

▲ ページの先頭へ