合格体験記

ホーム >> 合格体験記

英作文セミナーで逆転ホームラン

Yoshihiro 英検1級 2013年

今回、2度目の挑戦で2012年度第三回英語検定1級に無事合格することができました。

小林先生やロバート先生の熱意あるご指導のおかげであると思います。

ありがとうございました。

実は2012年度第二回の試験では不合格Aの判定で1次試験を突破することができません

でした。

トータル68点で、英作文は18点でした。

語彙問題、長文問題、リスニングに関しては独学でスコアアップを実現することは可能で

あると思っていましたが、英作文に関してはやはりネイティブの先生に指導していただく

必要性を強く感じておりました。

1級のエッセイでは問題に対し与えられたキーワードから3個を選択しintroduction,body, conclusionの構成をきちんと守り200字以内にまとめるのが鉄則です。

読み手のことを考えて段落と段落の間は1行あけ、読みやすい字を書く

ようにするなど英作文を書く以前の大切なポイントも教えていただきました。

授業はネイティブの先生一人に対して受講生が4~5名で1回2時間です。そこで

各自2本エッセイを書きます。1本につき20分ほどで仕上げます。

自分が書いた文章に対するコメント、さらには他の受講生に対する先生のアドバイスもしっかりと身につけるようにするとより効果があると思います。

全5回の授業と宿題でトータル13本のエッセイを書きました。

環境問題、教育問題など2次試験対策にもつながるトピックが多く扱われていたのが私に

とっては二次試験突破の要因になったと思います。

ロバート先生は私たちが当たり前のように使っている表現に対する微妙なニュアンスの違い、シンプルな表現、読み手に訴えかける構成などをダイレクトに教えてくださるので普段日常的に英語を使わない私にとっては大いに刺激になりました。リスニングやスピーキングの練習を毎回できたことで二次の合格につながったと思います。これこそが英作文セミナーの醍醐味だと思います。

エッセイを書くことに慣れてくると、長文を読む際に筆者の意図する流れが自然と見えて

くるようになり空所問題では高得点をあげることができました。

テソーラスハウスの英作文セミナーは英作文のみならず長文問題、リスニング、

二次試験対策にもなり、総合的に英検1級合格につながるセミナーであるといえるでしょう。

肝心の今回のスコアですが、エッセイでは28点中26点をとり(トータル93点)無事2次

試験に進むことができました。2次試験は78点でした。

最後にいつも笑顔で応援してくれた家族に一言。

“パパ、やったぞ、みんな応援ありがとう。”

Yoshihiro

▲ ページの先頭へ