合格体験記

ホーム >> 合格体験記

説得力をもって表現する大切さを学びました

古閑 洋子 英検1級二次試験 1994年

私はテソーラスハウスに入って3か月で英検1級二次に合格しました。それまで一人で積み重ねてきたものと、テソーラスで学んだことが試験で合体したという感じです。英語は自分でコツコツと勉強する部分も大切ですが、特にパブリックスピーキングにおいてそれと同じくらい大切なのは、その準備した内容をどのように説得力をもって人に伝えるかというテクニックです。これがなければ、どんなすばらしい考えも相手に伝わりません。私は、テソーラスハウスでこのテクニックを学べたおかげで、試験のときは会心のスピーチができました。

このテクニックがどういうものかお知りになりたいと思われたら、とりあえず3か月、テソーラスの授業を試してみませんか。

▲ ページの先頭へ