合格体験記

ホーム >> 合格体験記

説得力のあるスピーチを心がけました

地崎 瑞枝 英検1級二次試験 1994年

私は英検1級二次試験に2回失敗してテソーラスハウスに入り、6か月後3回目に合格しました。

合格の要因は、リスニングではネイティブの先生の読むスピード(英検と同じ、もしくは早い速度)に慣れたこと、スピーキングではインプロンプトスピーチのおかげでその場でスピードを考える練習ができたことです。初めてのテーマでも、教室で学んだ、スピーチに必要な構成・アイデア・例・無駄の省略・時間配分などに配慮し、説得力のあるスピーチを心がけることができました。ネイティブの先生のレベルの高い考えに接していたことも、スピーチのアイデアのヒントとなりました。自分の意見を、論理的にポイントをおさえて表現することができました。

二次試験をあきらかけている方に、テソーラスハウスをお勧めします。

▲ ページの先頭へ