合格体験記

ホーム >> 合格体験記

継続は力なり

石川 滋子 英検1級二次試験 1995年

私は、リスニングが弱点だと思っていましたので、「リスニング専門クラス」に入りました。毎回、本番と同じ形式で進められました。メモをとり練習のコツを習得できたことが大変役立ちました。1年半通学し、3回目に合格しました。合格した今、実感しているのは「継続は力なり」であったということです。その「継続」ができたのは、テソーラスハウスという基盤があったからにほかなりません。

▲ ページの先頭へ