合格体験記

ホーム >> 合格体験記

自己啓発の場

亀井 洋子 英検1級二次試験 1995年

英検1級は一次試験さえ合格すれば二次試験はどうにかなるとタカをくくっていた私は、不合格通知をもらいました。

テソーラスハウスに入り、不合格の原因のみならず、英語のスピーチのABCを教えていただきました。二次のスピーチでは、英語力だけでなく自分自身のことや社会問題に対する自分の意見や考えを、短時間にまとめて聞き手にわかりやすく話すという能力も要求されます。この能力は一人では伸ばすことはできません。

テソーラスハウスは、暖かい雰囲気のなかにも厳しいコメントが飛び交い、英語力とともを創造力を伸ばすことができ、社会問題を考え、話し合える絶好の場です。

▲ ページの先頭へ