合格体験記

ホーム >> 合格体験記

プレッシャーに耐える訓練

今野 亮 英検1級二次試験 1996年

英検1級二次試験は、ただ単に英語をダラダラ話せばいいというものではなく、いかに説得力のある、理論的な話を展開できるかが大切なポイントです。そのため、時間の配分を考えずに話したり、話の裏づけとなる情報や根拠をしっかり伝えないと合格するのは難しいと思います。

また、当日の試験場では、どんなに英語力に自信がある人でも緊張します。実際にまわりでスピーチしている人を見ると、場慣れしている人かどうかは一目瞭然です。そのために日頃から人前で自分の意見を発表する場をもち、プレッシャーに耐える訓練が不可欠です。

テソーラスハウスでの授業は非常に厳しく、時には自信をなくすこともありますが、ここで学ぶスピーチの方法論やプレゼンテーションのテクニックは、英検突破のみならずその後の社会生活でも役立つものと思います。

▲ ページの先頭へ