合格体験記

ホーム >> 合格体験記

英検1級合格体験記

秋和 由佳 英検1級二次試験 2004年

転職活動のため、英語力を示す資格が欲しかったことから英検1級の勉強を始めました。学生の時に、1級はとにかく難しいという印象があったので、その難しいテストに挑戦してみようと思ったのです。
勉強を始めて苦労したのは、まずは一次試験のための語彙でした。
さて、いよいよ二次試験です。何回も繰り返して二次試験を受け直すことがないようにと思い、インターネットで検索して、テストのノウハウがありそうなテソーラスハウスに通うことに決めました。

二次試験の過去問題をみると、教育問題、環境問題など様々な分野からの出題があります。
小林先生からも、これらのトピックに対応できるよう、情報の収集、整理を薦められました。一次試験で勉強した語彙にプラスして、様々な分野に関するトピックについて情報収集していくうちに、私の知的好奇心は非常に刺激されていきました。そして、こちらの授業に通うのが楽しくなってきました。小林先生や、ネイティブの先生方、他の生徒の方たちの意見を聞き、そして討論することも非常に楽しい経験でした。 このような勉強を通して、いま現在、私は環境問題に非常に関心をもっています。平和がなければ経済の繁栄はないといいますが、その前に環境が破壊されては人間が生きることはできません。
英語での本当のコミュニケーションは1級から始まると聞いたことがあります。
1級の英語は仕事で使う英語と違い、非常にアカデミックです。このようなアカデミックな英語を身につけることは、どこへでても恥ずかしくないことだと思います。
また、日本に流れる日本語でのメディアの情報は限られています。ですから、高い英語力を身につけることにより、インターネットや海外の新聞を利用して英語で情報を得ることはその人の世界を広げるのにとても役立ち、また、外国人ともより対等に話ができるようにもなります。 是非、皆さんにも、1級を勉強することをおすすめします。

タグ:

▲ ページの先頭へ