合格体験記

ホーム >> 合格体験記

国連英検特A級 合格体験記

宮下 万利子 国連英検特A級試験 2005年

今回、4回目の受験で国連英検の特A級に合格することが出来ました。特A級で求められる国際問題についての広い知識、深い理解、バランスの取れた判断とは何なのかを、カイリー先生の素晴らしい授業を通して理解することが出来、また、実際の試験での受け答えの仕方についても的確なアドバイスを頂いたことで、合格ラインを越えることができました。

特A級では、英字新聞、英語ニュースで最新の時事問題についての知識を得ることに加え、そうした問題の歴史的背景も含めた深い理解が必要とされます。私の場合は、ジャパン・タイムズの社説や国際情勢ベーシックシリーズ(自由国民社)、国連ホームページのニュース欄(PKO活動やnews in focusについては国連のレポートなども参考)、タイムなどを読むことで背景知識についての理解を深めました。今回、comprehensionについて10という評価を頂けたのは、こうした勉強が役立ったものと思います。

いかに質問の意図することを的確に理解し、説得力のある受け答えができるかが問われるという点については、英検1級と同様です。それに加えて国際問題についての深い知識を身につけることが、特A級に合格するための鍵になると思います。

タグ:

▲ ページの先頭へ